妊娠中のウォーキングはいつからどれぐらいの時間やる?

1

妊娠中の運動として最適とされるウォーキング。そのウォーキングを始める具体的な時間や、実際にやる時間。具体的に行う時のやり方注意点。服装や必要なもの等の情報をまとめます。

 

 



ウォーキングの効果

妊娠中の運動としてウォーキングが推奨され、実際に妊娠中にやっていた人が多数を締める人気の運動です。

妊娠中のウォーキングには、次のような効果があります。

  • 有酸素運動による血行改善
  • お産時の体力や持久力をつける
  • むくみや冷えの解消
  • 免疫力のアップ
  • 運動不足の解消
  • 適度なカロリー消費
  • ストレス発散・気分転換

このように、多くの有益な効果が認められています。

 

ウォーキングはいつから?

ウォーキングを始める時期のポイントは2つです。

  • 安定期に入ってから。
  • 担当医(産婦人科)の許可を貰ってから。

お腹の中の赤ちゃんと、お母さんの状態が安定しはじめる妊娠16週目あたりが目安となり、医師のGOサインを貰う事が必須です。

 

ウォーキングはどれぐらい?

妊娠中のウォーキングは距離ではなく、時間を目安にします。体調や状態にもよりますが、おおよそ30分を目安にウォーキングする形です。

30分という時間は、割とすぐに経過するものなので、日常的な買い物等で歩くだけでも、適度な運動になっているとも言えます。

 

どんな歩き方をする?

ウォーキングのポイントとなるものは、次のような事があります。

  • やや大股が基本。
  • 腕をしっかりと振る。
  • 骨盤のまわりを意識して足を踏み出す。
  • 1分間に60メートル程のやや早歩き。

日常的に歩く時に比べて、動作を大きくしたりペースを少しあげる事がポイントです。

 

どんな服装? 用意するものは?

妊娠中の運動に最適な、締め付けの少ない専用ウェアを着用すると便利です。また、ウォーキング用のシューズはやや厚底なものを利用し、身体に負担の少ないものを選びます。

その他、緊急用として母子手帳や携帯電話、財布等は常備しておく方が良いでしょう。

 

妊娠中のウォーキングの注意点

実際にウォーキングをする時には次のようなポイントに注意します。

  • 体調を見ながら行い、無理に続けない。
  • お腹の張り等を感じたら中止。
  • 遠くに行き過ぎない。
  • 水分補給をしっかり。
  • 夏の暑い時間帯等は避ける。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



数ヶ月待ちでも食べたい!絶品!お取り寄せピザ

「待ってでも食べたい冷凍ピザ」で話題のお店が森山ナポリ。
  • 宅配ピザの約半額の値段
  • なのに超本格的でお店の味
  • 1枚づつ手伸ばし&手焼き
ピザは外はパリッ!中がふんわりのナポリタイプ。 実際にピザを食べたみた人からも「美味しい!」が多いですね↓ 数ヶ月待ちですが、手頃な値段なので早めに予約だけ入れておくのがおすすめですよ!

森山ピザを見る



同じカテゴリ「 妊娠/出産 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ