実際にやった短期間で覚える暗記方法/4ステップで簡単♪

Unterwood_typewritter___Flickr_-_Photo_Sharing_-1

僕がソムリエ試験に合格した時にやっていた大量の暗記をなるべく短期間で覚える方法を紹介します。いろいろ試行錯誤しながら行き着いた「暗記方法」なので、比較的実践的なやり方です。

photo by rakka_pl

 

僕がやってた暗記方法は全部で4つの段階があります。できれば1〜3の段階までは一連の流れで同じ時間でやりたいところ、4番目の方法はしっかり定着させる作業ですが、どこでもいつでも行えるのがメリットです。

 



1.まずはひたすら読む

まずは覚えたい所をひたすら声に出して読みましょう。声に出さずに頭の中で読んでしまっても、なかなか覚えにくいです。声を出して読める場所は、ある程度限定されてしまうと思うので 「自分の部屋の中やる事」等しっかり決めてしまうのもアリです。

2.ひたすら書く

次に、読んだ内容をひたすら書いていきます。1枚2枚じゃなくて…とにかく何十枚と数をこなす事がポイント。(僕の場合はノートじゃなくてA4のコピー用紙を大量買いしてました)

また、綺麗に書く必要はまったくありません。ひたすら書いた紙はすぐ捨ててしまうので。あくまでも自分の身体を使って刷り込む事が大事。

できるだけ早くスピードを上げて何度も繰り返せる事を意識します。鉛筆やペンシルでも良いですが、できるだけかき心地ななめらかなジェルタイプのペン等がおすすめ。書く行為をストレスに感じないサラサラ感がベストです。

まわりの環境的に可能であれば、実際に声にも出しながら書いてみて下さい。声を出すメリットは、単調の書く作業に刺激をうけつつ自分の声で刷り込みやすいという事と、しゃべるスピードに合わせて書くことでかなり高速化せざるをえなくなるからです。

本当に覚えてきだすと、書いた文字が「文字」というよりも、「ただの線」のようになってきますが、綺麗に書くことが目的じゃなくて、覚えれてる事が大事なので大丈夫です。

 

3.覚える⇒自己テストを繰り返す

1番2番のステップの次は、自己テストをひたすら繰り返します。テストをしてダメだったらそのまま暗記。そしてすぐにテストを行う。

短い時間でやっていると、比較的正答率は上がりますが、10分後、1時間後と時間を置いてテストをやってみるとびっくりするぐらい忘れてます。そして凹みます。

ですが、ここで大事なのは忘れてる事に大していちいちへこまないこと。脳の構造的によほど特別な人でない限りは絶対に忘れるようにできてるからです。

忘れて当然。覚えてる方がスゴイ。というぐらいの気持ちで、とにかく自己テストと覚える作業のローテションを繰り返す事だけに集中します。

これを繰り返す程に、確実に正答率が上がるのと同時に、自分のウィークポイントもはっきりしやすいです。(へんでたり、繰り返しが少ないとここにすら気づきません)

 

4.歩きながらつぶやく

さて、最終段階です。 1〜3のステップで紙に書く暗記に慣れたら、今度は手元に何もない状態で暗記を繰り返します。可能であれば、覚えてる教材や本はカバンの中にしまって、歩きながら頭の中でページをめくるように覚えた事をつぶやいていきましょう。

他人から見ると怪しい人に見えるので、マスクを着用しながらつぶやくのがおすすめ。(実際そうしてました。)

歩きながらの適度なリズムが脳を活性化して、テンポ良く覚えた事が出てきやすいです。なれないうちは、何度も本を開かないといけませんが、本当に覚えてくるとまるで頭の中に本があるような状態となるので、どんな場所でも訓練できますし、手ぶらでOKなのでおすすめ。

難易度は一番高いですが『本ナシで本の内容が言える』というゴールラインにすると…テストや試験の内容がただの通過点となる事に気づくはずです。

 

スポンサードサーチ

 

みんながやってたおすすめの暗記ネタ

実際にやっていた暗記のネタについてもまとめてみました。こちらも合わせて参考にしてみて下さい。

 

 

スポンサードサーチ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



数ヶ月待ちでも食べたい!絶品!お取り寄せピザ

「待ってでも食べたい冷凍ピザ」で話題のお店が森山ナポリ。
  • 宅配ピザの約半額の値段
  • なのに超本格的でお店の味
  • 1枚づつ手伸ばし&手焼き
ピザは外はパリッ!中がふんわりのナポリタイプ。 実際にピザを食べたみた人からも「美味しい!」が多いですね↓ 数ヶ月待ちですが、手頃な値段なので早めに予約だけ入れておくのがおすすめですよ!

森山ピザを見る



同じカテゴリ「 トレンド/雑学 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ