無印良品サムゲタン以外も旨い!人気冷凍食品「煮込み料理」5選

無印良品おすすめ煮込み系冷凍食品5選

無印良品の煮込み系お惣菜の冷凍食品の中で高評価な意見が多いものと言えばサムゲタンですが、それ以外の煮込み系お惣菜も実は評判がいいものがたくさん隠れています。

そんな人気の高い無印冷凍食品の「煮込み系」お惣菜を一覧で紹介。実際に食べた人の口コミ情報&感想と合わせてまとめました。

 

「サムゲタン」韓国風鶏のスープ煮込み (160g/税込390円) の情報

無印良品おすすめ煮込み系冷凍食品その1「サムゲタン」

栄養成分

エネルギー 206kcal
たんぱく質 17.4g
脂質 11.5g
炭水化物 8.2g
食塩相当量 1.0g

原材料

原材料名 鶏肉(ブラジル)/野菜(だいこん国産、白ネギ、玉ねぎ)/チキンブイヨン/押麦/清酒/しょうが/植物油(大豆油、ごま油)/でん粉/クコの実/チキンエキス/食塩 /ゼラチン/ポークエキス/ガーリック/香辛料/酵母エキス/(一部にごま、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチンを含む)

どんな料理?味の特徴

まずは無印の冷凍煮込み系料理の中でも人気の高いサムゲタンからご紹介。韓国の定番料理のサムゲタンは、鶏肉に高麗人参や松の実、クコの実などの他、もち米などを詰めて煮込んだ薬膳系の料理です。

無印のサムゲタンは、原材料を見てみるとクコの実等は使われているものの、高麗人参や松の実は使われていそうにないので、サムゲタン風の鶏肉の煮込みといった感じかもしれませんね。また、もち米ではなくて代わりに押麦を使っている所も特徴的。

中にはそいそこ大きめの肉の塊が入っていて、しっかりと食べ応えもあります。

「無印冷凍サムゲタン」を食べた人の感想&口コミ

スポンサードサーチ

 

「カムジャタン」韓国風豚肉とじゃがいもの煮込み (160g/税込390円) の情報

無印良品おすすめ煮込み系冷凍食品その2「カムジャタン」

栄養成分

エネルギー 258kcal
たんぱく質 12.6g
脂質 17.9g
炭水化物 11.5g
食塩相当量 1.8g

原材料

原材料名 野菜(じゃがいも(中国)、はくさい、にら)/豚肉(スペイン)/ポークエキス/みそ/コチュジャン/白ごまペースト/野菜エキス/ガーリック/清酒/植物油(ごま油、大豆油)/みりん/砂糖/しょうゆ/しょうがペースト/香辛料/食塩/オイスターソース/増粘剤(キサンタンガム、加工でん粉)/(一部に小麦、ごま、大豆、豚肉を含む)

どんな料理?味の特徴

サムゲタンと比べてあまり聞き慣れたい料理ですが、カムジャタンも韓国料理のひとつ。

カムジャがじゃがいもの意味で、タンはスープのこと。つまり直訳するとじゃがいものスープと言う意味になります。

じゃがいもスープですが、本場では豚肉の背骨を一緒に煮込むのが正式な作り方とのこと。(実際、完成品を見てみると豚の背骨がスープからはみ出るくらいにゴツゴツとしてます)

無印のカムジャタンはじゃがいもはどちらかとうとスープに溶けてしまっていますが(冷凍なのである程度は仕方ない?)、どちらかとうとゴロリとした豚の塊肉が入ってるのが特徴で、スープと言いつつもしっかりと食べごたえのある仕上がりになっています。

ちなみに本番では、食べ終わった後のスープにご飯、キムチ、韓国のり等を加えてごま油で炒めて炒飯風にしてシメにするのだそう。こちらも美味しそうです。

「無印冷凍カムジャタン」を食べた人の感想&口コミ

スポンサードサーチ

 

「バクテー」 マレーシア風豚肉の煮込み(160g/税込390円) の情報

無印良品おすすめ煮込み系冷凍食品その3「バクテー」

栄養成分

エネルギー 226kcal
たんぱく質 13.8g
脂質 16.3g
炭水化物 6.1g
食塩相当量 1.4g

原材料

原材料名 豚肉(スペイン)/野菜(だいこん(国産)、白ねぎ)/油揚げ/ポークエキス/でん粉/チキンエキス/ラード/加工黒糖/しょうがペースト/ガーリック/食塩/中国醤油/ビーフエキス/醸造酢/香辛料/増粘剤(加工でん粉)/(一部に小麦、牛肉、大豆、鶏肉、豚肉を含む)

どんな料理?味の特徴

バクテーは肉骨茶という、ちょっと怖そうな印象の漢字で書く料理で、マレーシアのスープ料理になります。

豚肉のあばら肉に、生薬と中国醤油を加えて煮込んだ料理で土鍋にのせて提供されるのだそう。使う生薬にはスターアニス、シナモン、クローブなどが代表的で、後はお店によって色々なアレンジをするのが一般的。

無印のバクテーは、封を開けると一気に東南アジアのような薬膳系の香りが漂います。どちらかというとちょっと甘めな匂いがする一方で、味は意外に甘く感じないので、初めて食べる人はそこで困惑してしまう人もいる様子でした。

「無印冷凍バクテー」を食べた人の感想&口コミ

スポンサードサーチ

 

「ビーフストロガノフ」(160g/税込390円) の情報

無印良品おすすめ煮込み系冷凍食品その4「ビーフストロガノフ」

栄養成分

エネルギー 278kcal
たんぱく質 11.5g
脂質 19.8g
炭水化物 13.3g
食塩相当量 1.9g

原材料

原材料名 たまねぎ(中国)/牛肉(オーストラリア)/マッシュルーム/野菜ソテー(たまねぎ、にんじん、ラード)/乳等を主要原料とする食品/牛脂/トマトペースト/肉エキス/トマトケチャップ/ミルポワペースト/砂糖/小麦粉/バター/ローストオニオンペースト/食塩/ガーリック/酵母エキス/香辛料/増粘剤(加工でん粉)/トレハロース/カラメル色素/乳化剤/リン酸塩(Na)/(一部に小麦、乳成分、牛肉、鶏肉、豚肉を含む)

どんな料理?味の特徴

日本人にも馴染みの深いビーフストロガノフはもともとはロシアの料理。牛肉と玉ねぎ等の野菜をバターで炒めて少なめのスープで煮込み、仕上げにサワークリーム(スメタナ)を入れて食べるのが本格的な方法。

先に紹介したバクテーなんかは、とっても美味しい!という人と、独特のクセがちょっと苦手かも…と意見が二分してましたが、こちらのビーフストロガノフはかなりの高評価。

日本人の口にも合うのか「お店で食べてるみたいに美味しい!」「想像の何倍も美味しかった!」と絶賛コメントの多い冷凍食品です。

「無印冷凍ビーフストロガノフ」を食べた人の感想&口コミ

スポンサードサーチ

 

カスレ「フランス風牛肉と豆の煮込み」 (160g/税込390円) の情報

無印良品おすすめ煮込み系冷凍食品その6「カスレ」

栄養成分

エネルギー 278kcal
たんぱく質 18.9g
脂質 14.1g
炭水化物 18.9g
食塩相当量 1.5g

原材料

原材料名 牛肉(オーストラリア)/白いんげん豆水煮/レンズ豆(アメリカ)/たまねぎ/ベーコン/肉エキス/でん粉/バター/食塩/ガーリック/ゼラチン/香辛料/酸化防止剤(V.C)/発色剤(亜硝酸Na)/(一部に小麦、乳成分、牛肉、鶏肉、豚肉、ゼラチンを含む)

どんな料理?味の特徴

最後にご紹介するのはフランス南西部地方の郷土料理であるカスレ。豚肉のソーセージや、ガチョウの肉、アヒル肉などの肉類を白いんげん豆を加えてぐつぐつと煮込んだ料理です。

料理名のカスレは、「カソール」というアヒージョを入れるっぽい土鍋の器で煮込む事から由来しているそう。

無印のカスレでは、牛肉と白いんげん豆を使って作っています。

量は少なめですが、味付けがしっかりしてるのでそこまで少ない印象を受けず、ワイン等のあてで一緒に楽しむ人がいる他、普段お店でカスレを頼むカスレ好きな人からも、高級店ほどの味ではないけど、手頃で十分美味しいと高評価でした。

「無印冷凍サムゲタン」を食べた人の感想&口コミ

スポンサードサーチ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリ「 無印良品 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ