妊娠中に最高に心地良く感じる♪おすすめの入浴剤まとめ

2

妊娠前と比べると、心身ともにストレスを感じやすくなってしまう妊娠中の時期です。

安定期に入って、医師の許可が出た後は、ゆっくりお風呂に浸かる事がそんなストレス解消にも効果的。妊娠中に安心して選べる「おすすめの入浴剤」をまとめました。

photo by Moyan Brenn

 

 



妊娠中の入浴剤選びの注意点

妊娠中に入浴剤を選ぶ時には、次のようなポイントに注意しましょう。

刺激のあるもの

妊娠中は、妊娠前と比べるとホルモンバランスが違っている状態。その影響で、以前よりも肌が敏感になっているため、「肌トラブル」を引き起こしやすい状態となっています。なるべく低刺激で、肌に優しいタイプのものを選びましょう。

発汗作用のあるもの

ソルト系の発汗作用のある入浴剤は選ばないようにします。妊娠中は、赤ちゃんの分も水分補給が必要で、いつもと同じ感覚でいると水分不足になりがち、急激な発汗作用は脱水症状や、体調の急変等のリスクも考えられます。

泡系は危ない

泡タイプの入浴剤は、誤って足を滑らせて転倒してしまうリスクがあるため避けます。同様の理由で、「ぬめり気」のある入浴剤は避けた方が良いでしょう。

ハーブ系のもの

ハーブの成分によって「子宮収縮」等を促してしまうものもあり、NGとされています。代表的なものに「ラベンダー」「カモミール」「バジル」「グローブ」「ジャスミン」「レモングラス」「ベルガモット」等のハーブがありますが、基本的には「ハーブ系は使わない」と思っておく方が無難です。

 

妊娠中に選ぶならこれ!おすすめの入浴剤

妊娠中に使いやすい、おすすめの入浴剤をまとめました。

キュレル

1
キュレル 入浴剤

弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリーな入浴剤。潤い成分によって、肌荒れを防いでくれる点も魅力です。匂いも抑えめなので、匂いに敏感になりやすい妊娠時期に使いやすい入浴剤と言えます。

ソフレ

2
薬用ソフレ ベビーバスエッセンス

低刺激性、弱酸性、無香料、無色素、ノンアルコール、アレルギーテスト済。また、水道水に含まれる「塩素」を除去してくれる事で、やわらかなお湯にしてくれるという特徴があります。もともとは「赤ちゃんに使える入浴剤」なので、出産後にそのまま活用できるというメリットも。

アトピタ

3
アトピタ 薬用入浴剤

「90%以上のママが満足した」という入浴剤。実際の口コミ数も多く評判も上々。肌の乾燥がひどかった人や、肌がデリケートだった人からも「かなりおさまった!」との声も。

 

妊娠中にお風呂に入る時の注意点

「入浴剤」の他にも、実際に妊娠中に入浴する時に注意するべきポイントがあります。リスクは避けつつも、上手にお風呂を活用していきましょう。

▶関連:妊娠中の温泉は大丈夫?いつまで入れる?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



数ヶ月待ちでも食べたい!絶品!お取り寄せピザ

「待ってでも食べたい冷凍ピザ」で話題のお店が森山ナポリ。
  • 宅配ピザの約半額の値段
  • なのに超本格的でお店の味
  • 1枚づつ手伸ばし&手焼き
ピザは外はパリッ!中がふんわりのナポリタイプ。 実際にピザを食べたみた人からも「美味しい!」が多いですね↓ 数ヶ月待ちですが、手頃な値段なので早めに予約だけ入れておくのがおすすめですよ!

森山ピザを見る



同じカテゴリ「 妊娠/出産 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ