妊娠中にひどい!ニキビの治し方・セルフケアの基本ステップ

4

妊娠中にニキビがひどくなってしまう理由と、そのひどいニキビを自分で治していくための、基本的な考え方や具体的な行動についてまとめます。

photo by Susana Fernandez

 

 



なぜ妊娠中にニキビがひどくなる?

妊娠中には、赤ちゃんのベットとも言うべき「子宮」を柔らかくし、またその状態を維持するために黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され続けます。

この、プロゲステロンは赤ちゃんに最適な環境作りをしてくれる反面、「皮脂分泌の増加」といった女性にとってはあまり好ましくない効果も。

皮脂分泌が増加している状態は、思春期年齢でよくなっていたニキビと同じ原理。皮脂の過剰分泌によって、毛穴が詰まりやすくなってしまい、その結果、ニキビができやすい状態となってしまいます。

 

妊娠中のニキビを治すための行動

基本的なニキビ対策は次の2つです。

  • 清潔に保つ
  • しっかり保湿する

皮膚表面を清潔な状態に保つために、ニキビケアをする前にしっかり洗顔する事がポイント。ごしごしとこするのではなくて、しっかり泡立てて優しくなでるように洗います。ニキビの状態が酷い時には、直接触れずに、周辺のみ洗うようにし刺激を与えないようにしましょう。

ニキビケアで欠かせないのが保湿。保湿されていない肌は、ニキビの温床ともいえる状態で、毛穴がつまりやすく、化粧水等による保湿もすぐに逃げてしまいやすくなります。

妊娠中は以前よりかなり敏感肌になっているため、低刺激タイプの化粧水で保湿。保湿した後の水分が逃げないよう、蓋をするように低刺激タイプの保湿クリームを優しく塗ります。

この時、注意したいのが「手も清潔にする」ということ。せっかく洗顔で綺麗にした後でも、手の表面に雑菌がついた状態では、手の平で雑菌を伸ばしているようなものです。

妊娠中にできやすくなるニキビは、ホルモンバランスや栄養不足による一過性のもの。出産後には改善される場合がほとんどなので、「ニキビ跡と残さないようにする」という事に意識して、変に刺激を与えないようにしつつ、基本的なケアを中心とするのがおすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



数ヶ月待ちでも食べたい!絶品!お取り寄せピザ

「待ってでも食べたい冷凍ピザ」で話題のお店が森山ナポリ。
  • 宅配ピザの約半額の値段
  • なのに超本格的でお店の味
  • 1枚づつ手伸ばし&手焼き
ピザは外はパリッ!中がふんわりのナポリタイプ。 実際にピザを食べたみた人からも「美味しい!」が多いですね↓ 数ヶ月待ちですが、手頃な値段なので早めに予約だけ入れておくのがおすすめですよ!

森山ピザを見る



同じカテゴリ「 妊娠/出産 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ