ホットヨガでおすすめの服装!初心者が選ぶ時の注意点は?

これからホットヨガにチャレンジする人。実際やってみた結果、やっぱり専用の服装が欲しくなった人。

そんな方向けのホットヨガ服の選び方とおすすめウェアについてまとめました。

お洒落なヨガウェアなら

他とは違う、ちょっとお洒落なヨガウェアが欲しいなら、「エカ ロサンゼルス」がおすすめ。

  • LA生まれヨガブランド。
  • LAのヨギー/モデルの間で話題
  • お洒落なヨガアイテムがまとめて揃う

日本のヨガブランドのアイテムはいまいちだった…という人は、ぜひチェックしてみて下さい。

詳しく見る

 

ホットヨガウェアの選び方

ホットヨガに行くときの服装は次の点に注意します。

大量の汗で気持ち悪くならないもの

スポーツ系のウェアや速乾性のある素材が良いとされる理由です。通常のヨガでもしっかり呼吸法を意識すると汗をかきやすいものですが、ホットヨガの場合はそれ以上にかなりの汗をかきます。

バケツで水をかぶったほど…というとちょっと言い過ぎですが、普通にシャワーを浴びてるぐらいの汗はかくものです。ですので「動きやすい服装」という推奨される洋服の中でも、大量の汗をかいても大丈夫そう?という事をイメージして選ぶようにします。

 

締め付けない服

ぴっちり系の服は、自分がとっているポーズもはっきり分かり一見すると初心者向きのように思えますが、ホットヨガならではのメリットを考えると締め付けるタイプはおすすめしません。

ホットヨガは通常のヨガと違って、室温をあげた部屋で行われます。それによって、新陳代謝がより高まり老廃物の排出やむくみの解消に効果的と言われています。

つまり、せっかく新陳代謝をより良くするためにやっているのに、その動きを妨げてしまうような身体を締めつけてしまうような服は好ましくないという事です。

 

伸縮性の高いもの

しっかり伸縮性がある事で、ひとつひとつのポーズを行いやすくなります。またポーズと合わせた呼吸法を組み合わせないと意味がありませんが、伸縮性がある洋服の方が「ポーズ+呼吸」の動作が初心者さんでもやりやすいはずです。

 

インナーの選び方

普段行わないようなポーズや動きの多いのがホットヨガです。ですので金具付きのインナーは極力避けるべきでスポーツ用のインナーを着用するか、キャミソールと一体型のタイプのものを着る方が動きやすく、また無用なケガも防ぐ事ができます。

 

スポンサードサーチ

 

みんなが着ていたヨガ服

実際にホットヨガに行ってた方達が着ていた服装も集めてみました。

 

 

おすすめのホットヨガ用の服装は?

ホットヨガに行くときに買いやすく使い勝手も良い、おすすめのヨガウェアを紹介します。

 

49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7
nadoo ヨガウェア

レビュー数がかなり多く、だんとつで一番人気のヨガウェア。カラーバリエーションも20色あり、自分の好きな色を選びやすいです。

比較的つるつるとした生地のため、ヨガウェアの上に手を置いて行うポーズの時には若干滑りやすい様子。但し、値段がかなり安いので「とりあえず何か1着」という時には良さそう。

ヨガウェアがどんなものなのか?という事の入門用として最適かもしれません。

 

20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae
nadoo ヨガウェア ショート丈 パフ

値段の割に品質が高く、ヨガ以外でもダンスレッスンやジム等でも使用可能。

生地が柔らかく比較的薄手の生地なので、ヨガのポーズもしっかり取りやすいとの事でした。こちらもカラーバリエーションが豊富で、値段もお手頃なので数着を購入してる人もいるようです。

 

041c8e89b678b46731ac2144bc87c2e7
ヨガウェア サブリナパンツ Ruleronline

ヨガ用にちゃんとした一着が欲しいならこれがおすすめです。

すっきりと細身ですが、肌触りが良く締め付けすぎないため、ホットヨガの激しい動きにも集中して取り組む事ができます。デザインもスポーティーでオシャレです。

 

スポンサードサーチ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数ヶ月待ちでも食べたい!絶品!お取り寄せピザ

「待ってでも食べたい冷凍ピザ」で話題のお店が森山ナポリ。
  • 宅配ピザの約半額の値段
  • なのに超本格的でお店の味
  • 1枚づつ手伸ばし&手焼き
ピザは外はパリッ!中がふんわりのナポリタイプ。 実際にピザを食べたみた人からも「美味しい!」が多いですね↓ 数ヶ月待ちですが、手頃な値段なので早めに予約だけ入れておくのがおすすめですよ!

森山ピザを見る



同じカテゴリ「 ダイエット 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ