初心者でも簡単!100均キットのレジンアクセサリーの作り方

100均には、手作りできるアクセサリー用のキットも販売されてます。今回はそんなキットを使ったレジンアクセを自作する方法をまとめます。

 



100均キットでレジンアクセ・作り方

レジンキットはダイソーのものを使った例です。(セリアにもレジンの取り扱いが始まりました。)

2014-12-21_091603

ダイソーのレジンキットはこんな感じ。中身に入れるコラージュペーパーやフィルムの違いで2種類のタイプがあるようです。

2014-12-21_091631

UVレジンは別売りです。5g入って100円。

 

2014-12-21_091700

キットの中身は、ミール皿というレジンを受けるお皿やチャームなどが入っています。基本的に、これ1つで完結するようなセットになってますね。

 

2014-12-21_091724

まずは、ミール皿に敷くベースとなる用紙をカットしていきます。オリジナルで作りたいなら、この用紙を型紙にして別のデザインをカットしておけばOK。

 

2014-12-21_091746

ミール皿に台紙を載せていきます。しっかりと接着させるのがうまく作るポイントのようです。

 

2014-12-21_091808

レジンを『薄め』にのせていきます。

 

2014-12-21_091825

レジンを爪楊枝などの先の細いものを使って薄く伸ばしていきます。

 

2014-12-21_091857

紫外線ランプで、レジンを硬化させます。(紫外線ランプがない場合は、日光でもOK: 30~40分程)

 

2014-12-21_091942

レジンが乾いたら、コラージュペーパーをのせて再度レジンを塗っていきます。

 

2014-12-21_092024

今度はふっくらと膨らむように仕上がりの形をイメージしながら爪楊枝で伸ばします。

 

2014-12-21_092039

再び紫外線ランプで固めたら完成!コラージュシートやフィルムと、レジンの重ね合わせでより立体的な奥行のあるデザインを作る事ができます。

一連の流れは以下の動画で確認してみましょう。(画像とは別に、もう1つ作っています。)

 

本格レジンは100均レジンよりもスゴイ!?

レジンアクセをより本格的にやってみた人は「高品質なレジン」を使ってみてはどうでしょうか?

品質の高いレジンは、透明度が高くてまるで水のような透き通った透明感のある仕上がりにする事ができます。

逆に、品質があまり良くなければ、すぐ割れてしまったり気泡が入りやすくなったりする場合も。

また、あえて「透明度」にこだわるのではなくて、逆にスモークがかかった仕上がりになるようなタイプのものも。これら用途に合わせて使い分ける事で、もっとレジンを使ってアレンジをする幅を広げる事ができますよ。


KIYOHARA UVクラフトレジン液

KIYOHARAのレジン液も、そんな高品質タイプのレジンのひとつ。

「固まりかたが全然違う」「垂れにくくて扱いやすくて、他とは一歩 抜き出ている感じ♪」と多くの高い口コミ評価があるレジンです。

また100均のレジンとは違って、たっぷり入っているので、思い切って使える点も魅力ですね。

 

スポンサードサーチ

 

レジンで作った!

 

スポンサードサーチ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



数ヶ月待ちでも食べたい!絶品!お取り寄せピザ

「待ってでも食べたい冷凍ピザ」で話題のお店が森山ナポリ。
  • 宅配ピザの約半額の値段
  • なのに超本格的でお店の味
  • 1枚づつ手伸ばし&手焼き
ピザは外はパリッ!中がふんわりのナポリタイプ。 実際にピザを食べたみた人からも「美味しい!」が多いですね↓ 数ヶ月待ちですが、手頃な値段なので早めに予約だけ入れておくのがおすすめですよ!

森山ピザを見る



同じカテゴリ「 100均 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ