妊娠中に毎日ヨーグルトを食べても良い?どれぐらいの量?

3

妊娠中にヨーグルトを毎日食べ続ける事に問題はないのでしょうか? 妊娠中のヨーグルトの効果や、摂取目安量等もまとめました。

photo by Rebecca Siegel

 

 



ヨーグルトの効果

健康食品として知られているヨーグルトには、次のような効果が期待できます。

  • 便秘解消
  • 骨を丈夫にする
  • 肌荒れ解消
  • 免疫力を高める
  • ニキビや吹き出物の防止

 

妊娠中にヨーグルトを食べる時の影響

妊娠中にヨーグルトを食べる時に、特に良い影響となりそうなものが「便秘解消」や「免疫力上昇」です。ヨーグルトに存在する善玉菌の影響によって、腸内の働きを活発にしてくれたり、免疫機能を活性化させ免疫力を高めてくれます。

妊娠中はホルモンバランスの変化によって便秘になりやすく、免疫力が下がり風邪等をひいてもなかなか薬が使えないため、その事前予防策となるヨーグルトはとても効果的であると言えます。

その一方でよく指摘されるがアレルギーの影響。ヨーグルトを食べる事で、赤ちゃんのアレルギー体質の要因となるかも…というものですが、よほど大量に食べない限り(例えば、他にも牛乳や玉子を暴飲するような)は、その事が原因でアレルギーになる事はないとのこと。

それよりも「遺伝的な要因」の方が高いため、過剰に心配する必要がありません。厚生省でも「アレルギー予防のための食事制限は根拠がないのですすめられない」としています。

 

毎日食べる時の注意点と食べる量

このように、ヨーグルトにはほぼ悪い影響はないものの、妊娠中に普段食べる時に注意したい事はあります。それは、加糖タイプではなくてプレーンタイプを選ぶという事。

妊娠中は、妊娠前と比べてインスリンコントロールがうまく出来なくなってしまう場合が多く、意識していないと血糖値が上がりやすい状態となっています。

▶関連:妊娠中の血糖値をきちんと下げるには?具体的な方法と食べ物

ヨーグルトの効果を期待してヨーグルトを食べる場合には、1日あたり100g程度を目安として食べると良いとされています。

ヨーグルトは栄養豊富な乳製品のひとつですが、それ単体に偏る事なくバランスよく他のものも食べ、上手に取り入れていくのが理想的です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



数ヶ月待ちでも食べたい!絶品!お取り寄せピザ

「待ってでも食べたい冷凍ピザ」で話題のお店が森山ナポリ。
  • 宅配ピザの約半額の値段
  • なのに超本格的でお店の味
  • 1枚づつ手伸ばし&手焼き
ピザは外はパリッ!中がふんわりのナポリタイプ。 実際にピザを食べたみた人からも「美味しい!」が多いですね↓ 数ヶ月待ちですが、手頃な値段なので早めに予約だけ入れておくのがおすすめですよ!

森山ピザを見る



同じカテゴリ「 妊娠/出産 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ