鼻ニキビができる原因と家で簡単に出来る治し方

49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7

鼻ニキビができてしまう原因と、自宅で簡単にできるスキンケアの方法についてまとめました。

 



鼻ニキビができる原因

鼻の上にニキビができるのは、このような原因があります。

部位的な理由

鼻は、顔全体の中でも最も毛穴が多い場所です。毛穴が多いという事は、それと比例するように皮脂の分泌量も多いという事。

ニキビの主要な原因は皮脂の過剰分泌によるもののため、「元々の部位的にニキビが発生しやすい場所」とも言えます。

ホルモンバランスの乱れ

その他のニキビができる原因と同様のものです。過剰なストレス・女性の性周期・睡眠不足等によって自律神経が乱れる事で、ホルモンバランスが崩れます。

ホルモンバランスが崩れる事で、皮脂の分泌量が増えてニキビができやすい体質となっています。

 

鼻ニキビの対策方法

鼻ニキビができた時の具体的な対策方法です。

正しい洗顔

ごしごしと洗顔料でこすってしまうような洗顔方法はNGです。また洗顔料自体も、ニキビに良いもの悪いものをしっかり認識しておく必要があります。(ちなみに、ほとんどの洗顔フォームはNG)

乾燥を防ぐ

洗顔とセットでやりましょう。肌の乾燥は、肌ダメージを蓄積させやすい状態となり、ニキビを悪化させる原因です。ニキビの状態(炎症している)等によっては、直接保湿する事は避けるように注意します。

内側のケア

自律神経が乱れないような行動をします。性周期・ストレス等については、すぐにできる行動は限られてきますが、明日からでも実践できる方法としては「睡眠対策」が挙げられます。

質の高い睡眠を得るためには、いくつかの方法がありますが、とにかくシンプルで実践しやすいのが次の2つ。

  1. 朝、光を浴びる。
  2. 夜、光を浴びない。

睡眠は、メラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンが分泌によって強い影響を受けます。寝る前に、しっかりとメラトニンが分泌されると睡眠の質があがります。

メラトニンは「光」をスイッチにしていて、光を浴びてから15〜16時間後に分泌されるというユニークな性質があります。ですので、朝に光を浴びる事は、夜のメラトニン分泌のスイッチともなるのです。

また、逆に夜寝る直前等に光を浴びる事はNG行動。 メラトニンの働きもありますが、光の刺激によって交感神経が働き興奮状態になります。当然、睡眠の質も浅くなるので、ニキビケアにも悪影響となります。

ちなみに、睡眠の質が下がると肌のターンオーバーも促進されないため、いつまでも古い肌をかぶった状態とも言えます。

夜寝る前に、ベットの上でスマホ操作をして光を浴びまくってる人は、注意が必要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



数ヶ月待ちでも食べたい!絶品!お取り寄せピザ

「待ってでも食べたい冷凍ピザ」で話題のお店が森山ナポリ。
  • 宅配ピザの約半額の値段
  • なのに超本格的でお店の味
  • 1枚づつ手伸ばし&手焼き
ピザは外はパリッ!中がふんわりのナポリタイプ。 実際にピザを食べたみた人からも「美味しい!」が多いですね↓ 数ヶ月待ちですが、手頃な値段なので早めに予約だけ入れておくのがおすすめですよ!

森山ピザを見る



同じカテゴリ「 ニキビ 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ