アリス/マリオで「七五三の家族写真」を撮る時。親の服装の選び方

スタジオアリスやスタジオマリオで七五三用の家族写真を撮影する時に。

子供ではなく、パパやママの服装を選ぶ時に覚えておきたいポイントをまとめました。

 

「七五三」親の服装の決まりはある?

七五三の時に親が着る服装については、明確な決まりがあるわけではありません

ですが、一般的なマナーとして言われているのは「子供が主役になる服装を選ぶ」というもの。

七五三の家族写真を撮影する時には、家族で保管する他にも、自分たちの親(義父や義母)にもフォトフレーム等にしてプレゼントするはず。

実際に渡した後のシーンを思い浮かべて見て下さい… この時、子供より親が目立ってしまっていては、親からお叱りを受けてしまうかも。

子供と合わせて、着物をコーディネートする場合でも、同じぐらい目立っていては「親も七五三なの?」と世間の冷たい目にさらされる事になります。

では、とにかく地味にすればOK? なのかというと、これもまたNG

子供を引き立たせる事ばかりを考えてしまい、親の服装が地味地味になってしまっては、せっかくの「子供のお祝いイベント」が寂しい雰囲気になってしまいます。

  • 子供より目立たない。(主役は子供)
  • お祝いにふさわしい適度な華やかさがある。

この2つの条件を満たす服装選びを意識すると、服装選びで失敗する可能性を減らす事ができます。

スポンサードサーチ

 

七五三で家族写真を撮影する時の母親の服装

もう少し具体例を見ていきましょう。七五三の家族写真の時に、ママ(母親)の服装選びは、どんな点に気をつければ良いのでしょうか?

洋装の場合

洋装と和装を比較すると、マナー的には「和装の方が格が上」とされています。

子供は着物を着ますので、親が洋装をチョイスする時には、よほど派手な色を選ばない限り そこまで神経質になる必要はありません。

選ぶ服装としては「セレモニースーツ」「ワンピース」の2択。

セレモニースーツは、いわゆる子供の入学式や卒業式の時に着ていくようなスーツです。


GIRL セレモニー スーツ

セレモニースーツもワンピースは、紺・グレー・パステルカラー等の色合いが人気。


アンサンブル ジャケット&ワンピース

ダーク系のスーツやワンピースを選ぶ時には、パールのネックレスをつける。パステル系の色合いで選ぶ時には、装飾が派手になりすぎないように。全体として「適度な華やかさ」を意識してバランスをとります。

ワンピースを選ぶ場合には、シルエットやデザインに注意。胸元が開きすぎていたり、スカート丈が短いものを選ぶと、カラー的には抑え気味でも 必要以上に目立ってしまいます。

「上品なもの」を軸に、派手になりすぎないタイプを選ぶようにして下さい。

和装の場合

和装を選ぶ場合には、洋装に比べて選び方に注意が必要です。子供と格が同じ着物を選ぶのですから、選ぶ柄やデザインによっては、子供よりも目立ってしまうケースが考えられるためです。

選んではいけない着物(普通は選ばない着物)は、結婚式等でよく着られる「留め袖」です↓


出典:https://kimono.tagaya.co.jp/news/japanese_wed_useful_tips/detail/2243/

留め袖は子供が着る着物よりも格上になってしまうので避けるようにします。

七五三で選ばれる着物(親が選んで良い着物)は、「訪問着」「色無地」「付け下げ」の3つです。

訪問着


出典:https://kimono.tagaya.co.jp/news/japanese_wed_useful_tips/detail/2243/

一般的に七五三でよく着られる着物です。上半身と下半身に模様があるのが特徴で、全体的に淡い色合いになっているのが特徴。

子供が七五三で着る着物ははっきりとした鮮やかなものが主流なので、うまく子供を目立たせつつ、自分自信も適度な華やかさを保てます。

訪問着とよく似ているのが色留袖。こちらは留め袖の一種になるので、選んではいけないタイプ。

訪問着と色留袖を見分ける方法は、上半身が無地になっていて、下側の模様もはっきしているのが色留袖。上半身から下半身に模様があって、模様もはっきりしてないのが訪問着です。

色無地

色無地はその名前のとおり、模様がない無地タイプの着物。模様が一切ないので、シンプルに子供を引き立たせてくれます。

付け下げ

「告け下げ」は訪問着を簡略化したタイプの着物です。訪問着に比べると、模様のが少なくてさらにシンプルな印象になります。

スポンサードサーチ

 

七五三で家族写真を撮影する時の父親の服装

七五三の家族写真の時に、パパ(父親)の服装選びは、どんな点に気をつければ良いのでしょうか?

洋装の場合

パパが洋装を着る場合には、一般的な冠婚葬祭用のスーツや仕事用のスーツでもOKです。

この時も、カジュアルすぎるストライプ柄のものや、派手な色合いを選ばないように注意して下さい。

スーツやシャツで派手さを出さない分、ネクタイは色味のある華やなものを選ぶとバランスがよくなります。

和装の場合

羽織&袴がマナー的には定番です。

着こなし方によっては下品に見えてしまうケースもあるので、着慣れていない場合は、無理に和装に合わせようとせずに、洋装を選ぶ方が無難。

母親が和装(訪問着など)で父親が洋装(スーツ)であっても、例えば着物のカラーとネクタイの色をあわせる等で、統一感のあるコーデにもできます。

一般的には「母親(妻)とコーディネートと合わせる」とされますが、無理のない自然体で着れるものを選びましょう。

着こなしが不安な場合は、暗めの色合いを選ぶと失敗を減らせます。

スポンサードサーチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数ヶ月待ちでも食べたい!絶品!お取り寄せピザ

「待ってでも食べたい冷凍ピザ」で話題のお店が森山ナポリ。
  • 宅配ピザの約半額の値段
  • なのに超本格的でお店の味
  • 1枚づつ手伸ばし&手焼き
ピザは外はパリッ!中がふんわりのナポリタイプ。 実際にピザを食べたみた人からも「美味しい!」が多いですね↓ 数ヶ月待ちですが、手頃な値段なので早めに予約だけ入れておくのがおすすめですよ!

森山ピザを見る



同じカテゴリ「 七五三 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ