ニキビケアに!たっぷり保湿ができる自作「化粧水」の作り方

49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7-1

ニキビケアに大事な保湿。原料から用意する事で、比較的安心して使う事ができる自作化粧水の作り方についてまとめました。

photo by N i c o l a

 

 



ニキビケアに良い化粧水

ニキビケアに有効な化粧水の材料は次のようなものがあります。

精製水

無菌加工をほどこされた不純物ゼロな水です。これ単体ではまったくニキビケアに効果はありませんが、ベースの水分として使用します。ドラッグストア等で安価に手に入ります。

ビタミンC誘導体

別名「リン酸アスコルビン酸ナトリウム」と呼ばれる成分。皮脂分泌の抑制や肌トラブルの改善に有効な成分で、多くの化粧水に含まれています。Amazon等のネットショップで粉末タイプのものを手に入れる事ができます。

グリセリン

保湿効果を与えるものです。あまり高濃度にし過ぎると肌への悪影響が出る場合もあるので注意が必要。夏は少なめ、冬はやや多めにと環境によって配合を変える事もポイントです。

薬局等でも販売されていますが、専門店(アロマ系等)の商品の方が高品質と言われます。

 

作り方

基本的な作り方は次のとおり。

  1. 保存瓶や用具の消毒
  2. 必要な材料を量る
  3. 材料を瓶に入れて混ぜる

材料を入れて混ぜるだけなので、作り方自体は簡単。材料をしっかり量る事と、雑菌がつかないようにしっかり消毒する事がポイントです。

▶参考:手作り化粧水の作り方(レシピ)

 

化粧水を自作する時の注意点

自作の化粧水は原料を自分で選べるメリットの他、市販品と比べてかなり安く作れる事もあって人気があります。ですが、市販品と比べ「雑菌が繁殖しやすい」というデメリットも。特にニキビケア用として作るのであれば、雑菌は大敵です。

自作化粧水で雑菌の繁殖を防ぐためには、次のような方法を推奨します。

遮光瓶の使用

光の成分をカットする事で、中身の品質劣化を防ぎます。特に茶色のものは遮光性が強く、次いで緑色瓶、青色瓶等と続きます。

洗浄&煮沸

瓶の中まで洗えるスポンジやブラシを使ってしっかり洗浄。その後、煮沸消毒を行います。煮沸消毒後は、瓶の中に触れないように蓋口を上に向けて自然乾燥させます。

用具類も清潔に

基本的に化粧水を作る時に使う道具は、スポイトや漏斗のようなシンプルなもののみですが、これらも雑菌がつかないように清潔な状態に保ちましょう。

冷蔵庫で保存

出来上がった化粧水は冷蔵庫で保存。1週間程度を目安に使い切れるように、一気に大量に作り過ぎない事もポイントです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



数ヶ月待ちでも食べたい!絶品!お取り寄せピザ

「待ってでも食べたい冷凍ピザ」で話題のお店が森山ナポリ。
  • 宅配ピザの約半額の値段
  • なのに超本格的でお店の味
  • 1枚づつ手伸ばし&手焼き
ピザは外はパリッ!中がふんわりのナポリタイプ。 実際にピザを食べたみた人からも「美味しい!」が多いですね↓ 数ヶ月待ちですが、手頃な値段なので早めに予約だけ入れておくのがおすすめですよ!

森山ピザを見る



同じカテゴリ「 ニキビ 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ