【ニキビ治し方】赤みを一晩寝ている間になるべく治す5つの方法

3d286c066077720590e492e614c9bbcc

寝ている間の基本的なニキビケアをまとめました。具体的な5つの方法を紹介していきます。

 

 



ニキビに触れない

赤くなったニキビは、アクネ菌等の増殖によって皮膚が炎症を起こしてしまっている状態です。「芯を抜く」等の処置も通過してしまっている状態で、むやみやたらに触る事は炎症を悪化させるだけ。

例えば転んで足をケガしてしまった時等はケガした部分を指でベタベタ触ったりする事はないはずです。少し極端の例ですが、赤ニキビに触れる事はこの例と同様の事をやってるとも言えます。

まずは、触らず炎症を悪化させない事が大事です。

 

糖質・脂質を控える

急激な糖質摂取は体内の血糖値を急激に上昇させ、中性脂肪等の生成を加速させます。動物性脂肪による脂質も中性脂肪を貯めやすい要因に。いわゆる肥満体質の原因となる食材を避けるという事です。

肥満体質やそれに近い状態になると皮脂の分泌量が増え、ニキビが治りにくいばかりか出来やすい状態となります。「皮脂」コントロールはニキビの根幹治療のひとつです。

 

ビタミン摂取

チョコラBB 等に代表されるビタミン摂取をする意味は、主に肌の代謝を促進させる事にあります。ビタミンによって働きは微妙に異なりますが、ビタミンには糖質や脂肪分をエネルギーとして代謝させる役割があります。

「糖質・脂質を控える」という部分の説明どおり、これらは皮脂の過剰分泌の原因。その原因をしっかり代謝させる事で、皮脂分泌量を抑えてニキビ予防や改善に繋がります。

糖質や脂質をとりすぎている人にとっては、基本的には有効な方法。ですが、ビタミン群の別の特徴として「他の栄養素とバランスよく摂取する事で吸収力が最大化する」というものもあります。

ですので、ビタミンだけとっていれば治るというものではなくて、ビタミン摂取を意識しつつも、ミネラルやその他栄養素もバランスよく摂る事が大事です。

 

清潔に保つ

ケガで炎症を起こしている部分を日々消毒するように、ニキビで炎症しているまわりも常に清潔に保つ必要があります。ただし、炎症を起こしている部分には直接触れないように、まわりの部分を中心に洗顔するようにしましょう。

 

睡眠

炎症を起こしているニキビを早く治すには、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進させる事が有効。

肌の新陳代謝を手軽に促進させる方法が睡眠です。すでに知れ渡っているとおり、夜にしっかり寝る事でターンオーバーを活性化させる事ができます。

また「睡眠の質」も意識する事も重要で、同じ睡眠でも深い睡眠がとれるように行動していく必要があります。

寝る前のスマホいじり等は、交感神経を刺激し睡眠を浅くする原因です。寝る前に目に刺激を与えないだけでも、睡眠の質を手軽にあげる事ができます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



数ヶ月待ちでも食べたい!絶品!お取り寄せピザ

「待ってでも食べたい冷凍ピザ」で話題のお店が森山ナポリ。
  • 宅配ピザの約半額の値段
  • なのに超本格的でお店の味
  • 1枚づつ手伸ばし&手焼き
ピザは外はパリッ!中がふんわりのナポリタイプ。 実際にピザを食べたみた人からも「美味しい!」が多いですね↓ 数ヶ月待ちですが、手頃な値段なので早めに予約だけ入れておくのがおすすめですよ!

森山ピザを見る



同じカテゴリ「 ニキビ 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ